こんなに小さな生き物が今ではこんなに大きな存在になってしまいました。育て親○○、飼い主のまとまりのないセキセイインコのブログです。

ご訪問ありがとうございます! 

Welcome to my blog. kimagure“inkouz” %Please enjoys.

“インコーズ”からのお知らせ 

- Information -

いい年のオジサンが、小さな生き物に完全にメロメロです。おかげでこのブログも成長日記で2008年から始めこれまで続けています。お暇な時にちょこちょこと立ち寄って下さい。ほのぼのとした気持ちになって頂ければ嬉しいです。^^

-- E N D --
.
.

ここまでのキリ番 

キリ番受賞者  祝クラッカー

10,000 = キリ番を知らずに不明
20,000 = 2,009年10月6日突破
30,000 = 2,010年2月2日突破
40,000 = 2,010年4月20日突破
50,000 = 2,010年6月22日突破
60,000 = 2,010年8月24日突破
70,000 = 2,010年10月15日突破
77,777 = 2,010年11月26日突破
80,000 = 2,010年12月8日突破
88,888  2,011年1月28日突破
90,000  2,011年2月3日突破
100,000  2,011年4月6日突破
110,000  2,011年6月8日突破
120,000  2,011年8月5日突破
130,000  2,011年10月6日突破
140,000  2,011年12月6日突破
150,000  2,012年2月9日突破
160,000  2,012年4月17日突破
170,000  2,012年6月20日突破
180,000  2,012年8月26日突破
190,000  2,012年10月30日突破
200,000  2,013年1月9日突破
210,000  2,013年3月16日突破
300,000  2,015年10月11日突破
400,000  2,021年1月12日突破

ここ1週間の記事 

月別アーカイブ 

2022/08 (10)

2022/07 (31)

2022/06 (30)

2022/05 (31)

2022/04 (30)

2022/03 (31)

2022/02 (28)

2022/01 (31)

2021/12 (31)

2021/11 (30)

2021/10 (31)

2021/09 (30)

2021/08 (31)

2021/07 (31)

2021/06 (30)

2021/05 (31)

2021/04 (30)

2021/03 (31)

2021/02 (28)

2021/01 (31)

2020/12 (31)

2020/11 (30)

2020/10 (31)

2020/09 (30)

2020/08 (31)

2020/07 (31)

2020/06 (30)

2020/05 (31)

2020/04 (30)

2020/03 (31)

2020/02 (29)

2020/01 (31)

2019/12 (31)

2019/11 (30)

2019/10 (31)

2019/09 (30)

2019/08 (31)

2019/07 (31)

2019/06 (30)

2019/05 (31)

2019/04 (30)

2019/03 (31)

2019/02 (28)

2019/01 (31)

2018/12 (31)

2018/11 (30)

2018/10 (31)

2018/09 (30)

2018/08 (31)

2018/07 (31)

2018/06 (30)

2018/05 (31)

2018/04 (30)

2018/03 (31)

2018/02 (28)

2018/01 (31)

2017/12 (31)

2017/11 (30)

2017/10 (31)

2017/09 (30)

2017/08 (31)

2017/07 (31)

2017/06 (30)

2017/05 (31)

2017/04 (30)

2017/03 (31)

2017/02 (28)

2017/01 (31)

2016/12 (31)

2016/11 (30)

2016/10 (31)

2016/09 (30)

2016/08 (31)

2016/07 (31)

2016/06 (30)

2016/05 (31)

2016/04 (30)

2016/03 (31)

2016/02 (29)

2016/01 (31)

2015/12 (31)

2015/11 (30)

2015/10 (31)

2015/09 (30)

2015/08 (31)

2015/07 (31)

2015/06 (30)

2015/05 (31)

2015/04 (30)

2015/03 (31)

2015/02 (28)

2015/01 (31)

2014/12 (31)

2014/11 (30)

2014/10 (31)

2014/09 (30)

2014/08 (31)

2014/07 (31)

2014/06 (30)

2014/05 (31)

2014/04 (30)

2014/03 (31)

2014/02 (28)

2014/01 (31)

2013/12 (31)

2013/11 (30)

2013/10 (31)

2013/09 (30)

2013/08 (31)

2013/07 (31)

2013/06 (30)

2013/05 (31)

2013/04 (30)

2013/03 (31)

2013/02 (28)

2013/01 (31)

2012/12 (31)

2012/11 (30)

2012/10 (31)

2012/09 (31)

2012/08 (31)

2012/07 (31)

2012/06 (30)

2012/05 (31)

2012/04 (30)

2012/03 (31)

2012/02 (29)

2012/01 (31)

2011/12 (31)

2011/11 (30)

2011/10 (31)

2011/09 (30)

2011/08 (32)

2011/07 (31)

2011/06 (30)

2011/05 (31)

2011/04 (30)

2011/03 (31)

2011/02 (28)

2011/01 (31)

2010/12 (31)

2010/11 (30)

2010/10 (31)

2010/09 (30)

2010/08 (31)

2010/07 (31)

2010/06 (30)

2010/05 (31)

2010/04 (30)

2010/03 (31)

2010/02 (28)

2010/01 (31)

2009/12 (31)

2009/11 (30)

2009/10 (31)

2009/09 (30)

2009/08 (31)

2009/07 (31)

2009/06 (30)

2009/05 (31)

2009/04 (30)

2009/03 (31)

2009/02 (28)

2009/01 (31)

2008/12 (31)

2008/11 (30)

2008/10 (31)

2008/09 (30)

2008/08 (5)

検索フォーム 

カテゴリ 

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ご報告が遅くなりましたが・・・

 ご報告が遅くなりましたが、1月4日 13時40分頃 風(ふう) が虹の橋を渡りました。
 新年早々から 皆さま に暗い話題もいかがなものかと思い、この日まで報告を控えておりましたことをお許し下さい。

ありがとう風ちゃん

 風(ふう) を家族に迎え入れてから14年3カ月共に生活して来ました。
 14歳の老鳥ということで、家族みんな いつかは来る日とは覚悟はしていたものの、旅立ってから5日ほど経ちますが、やはり 風(ふう) の存在は想像していた以上に大きかったようで家族の心に大きな穴が開いてしまい、今でもなかなかふさぐ気持ちにはなれないのが正直なところです。
 
 昨年のクリスマスを過ぎたころから、居眠りをしている姿を見かけることが多くなり、どことなくしんどいような感じが見受けられました。特にどこが痛いということでもなく、悲しいかな老いからくる眠気、ダルさなのかなと思い様子を見ることにしました。 
 それから数日は特に変わりはなかったのですが、30日の放鳥時、いつものように飛ぼうとしたところ、上手に羽ばたきが出来ずに上昇する途中で床に落ち、体をぶつけてしまいました。
 その姿を見た時、ふじい先生のところに連れて行こうと思ったのですが年末年始で残念ながら休診だったこと、仮に緊急で診てもらったとしても老衰のインコちゃんをどう治療していいものか先生も困るだろうなと思い、年始1月6日の仕事始めまで待つことにしました。

ありがとう風ちゃん

 お家の中での移動も足の麻痺が重くなってきたのか、思うように歩けないようで、時折、お家の中で落ちることもありました。
 しかも、雪(ゆき)海(かい) が 風(ふう) を心配してか、居眠りしているところに チョッカイ を出しにいくので、そっとして欲しい気持ちからか段々と避けるようになりました。

ありがとう風ちゃん

 そこで、心を鬼にして 風(ふう) には可哀想ですがキャリーケースに入れて、雪(ゆき)海(かい) と別々のお家にすることにしました。
 放鳥も 雪(ゆき)海(かい) と一緒にすると、どうしても追いかけ合いになって落下してしまうので、別々に出してやることにしました。

ありがとう風ちゃん

 でも、風(ふう) も今まで通りに飛びたい、高い所に上がりたいという気持ちがまだ残っているようで、1羽の放鳥であっても今まで通りに飛ぼうとし、少し目を離してしまうと、いつの間にかカーテンレールの上に置いていた小屋のところまで飛んで上がっていることもありました。
 上がってガジガジするのかと思えば、目を閉じて眠るだけなんですが、それでもその場所が落ち着くようで、キャリーケースの中で眠るよりも気持ち良さそうに居眠りしていました。

ありがとう風ちゃん

 ただ、またいつ落ちてもいけないので、ずっと傍に付いてやって 風(ふう) が行きたいところに指に乗せ移動させてやるようにしていました。その様子は、まさしく介護のおじいちゃんインコそのものでした。
 二重生活しながらもみんなで助け合いサポートした結果、少し落ち着きを取り戻したかと安心していたのですが・・・

 運命の4日の日、その日は  が最期の正月休み、ミカシャン が仕事始め、ジンくん が昼から塾という予定でした。
 色々と調べていると、以前からセカンドオピニオンに考えていた家の近くの鳥を診てくれる評判の良い動物病院が、4日から開いていることがわかり、何か解決策が見つかればと思い ジンくん と連れて行くことにしました。

ありがとう風ちゃん

 評判通りの感じの良い病院で、先生も優しく診て下さいました。
 触診でわかったことですが、左側の羽の力が弱くなっており、恐らく足の麻痺から来るもので羽の方まで上がってきたのではないかとの診断。
 少々の高さ、短い距離は体調が良い時は飛べるものの、麻痺が重い時は、羽ばたきのバランスがとれずに落下してしまうそうです。体を傾けて止まっているのも恐らく麻痺からくるものではないかとのこと。
 何がこれという原因なのかは、正直わからないのですが、血液がスムーズに流れずに麻痺を起こすこともあるそうで、血液をサラサラにするお薬を薄めにビタミン剤と調合して頂き、1週間飲ませて様子を見ることにしました。
 その時は、そんなに緊急を要することもないとわかり一安心しながら ジンくん と帰宅しました。

ありがとう風ちゃん

 それから、直ぐにお薬を飲ませ、ジンくん は塾に出かけたため、 だけで、お昼の放鳥時間を過ごすことになりました。
 先に 風(ふう) から放鳥させ、ご飯を食べさせ、お水を飲ませました。
 病院疲れでお腹が空いていたのか、すごく食欲があり長い時間をかけて、ゆっくりと食べていました。
 そして、気が付けば、いつの間にか自分で飛んでいつものお気に入りの小屋のあるカーテンレールに上がり羽繕いをして休んでいました。
 その様子を見て、『そんなに元気になったんだ。』 と喜んでおりました。
 
 その後で、雪(ゆき)海(かい) と放鳥を交代させ、風(ふう) だけを昔のお家に戻してやり、扉を締め切って1羽で慣れたお家で寛いでもらいました。

ありがとう風ちゃん

 慣れたお家の中で大好きな大好きん!をこれまた長い時間をかけてたくさん食べ、お気に入りのヒーター止まり木でしばらく寛いでくれていました。

 ここまでは良かったのですが、そろそろ放鳥時間も終わろうと 雪(ゆき)海(かい) をお家に戻そうと扉を開けると、雪(ゆき)海(かい) が大喜びで 風(ふう) の元に直ぐに飛んで行きました。
 その勢いで 風(ふう) が驚いてしまい、私の指に乗ったものの慌てて外に飛び出そうと自分で飛んでしまいました。
 その時、今度は上手に飛べずに急降下で床に激突、その落ちたショックでひきつけ、痙攣を起こし、床の上ですごい勢いで何度も横向きに回転し体を打ち続けていたので、慌てて拾い上げ、両手で押さえながら、ひきつけ、痙攣を抑えようとしました。
 しばらくしておさまったのですが、それと同時に段々と体の力が抜け、そして最期には首の力が抜けていくのを手のひらで感じてしまいました。
 慌てて手を開け、風(ふう) を呼び叫び続けましたが、もう息をしていませんでした。
 一瞬の出来事で、何が起こったのか頭が真っ白になってしまい現実が理解出きませんでした。

ありがとう風ちゃん

 風(ふう) の異変を感じて 雪(ゆき)海(かい) が直ぐに飛んで来て、雪(ゆき) は嘴で突いたり、体に乗ったりして、なんとか 風(ふう) を起こそうとしてくれていました。

ありがとう風ちゃん

海(かい) は、風(ふう) の頭や顔を労るかのように優しく羽繕いしてくれていました。
 その2羽の姿を見て、ようやく現実が理解出来、そこからは、ただただ、手のひらに 風(ふう) を乗せたまま、呆然としながら体を撫でてやることしか出来ませんでした。

ありがとう風ちゃん

 『どうしてもっと慎重に扉をあけなかったのか。』 『指に乗せるのではなくどうして掴んで移動させなかったのか。』 と後悔してもしきれず、今でも 風(ふう) に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 また、痙攣、ひきつけを抑えることに必死になり両手のひらで包み抑え込んだので 風(ふう) の顔を最期に見てやれなかったことが一番に後悔しています。

 4日の朝は、普段通りの落ち着いた朝を迎え、放鳥時に、風(ふう) を指に乗せバナナを食べさせてあげました。
 食べ終わったかと思ったら、頬をこちらに差し出しカキカキをおねだりしてきたのです。
 お迎えした当時の幼鳥の頃はよくさせてくれたのですが、成鳥になってからは余程、機嫌が良くないとさせてくれなかったカキカキを。

ありがとう風ちゃん

 その時、『旅立つ前に甘える』 という言葉が頭を過ぎり、旅立ったキースケも最後の日に同じことをしたのを思い出しました。
 思い過ごしならばいいのですが、甘えてくれる嬉しさよりも涙が出そうになるぐらい切ない気持ちになり、心行くまでカキカキをしてやれば良かったものの、これを最後にしたくないという気持ちから出来ませんでした。
 ミカシャン も ジンくん にも同じようにさせてくれ 「風ちゃん、ありがとうネ。まだ、大丈夫だからね。元気出してよ!」 と言いながらカキカキしてあげていました。
 今思い起こせば、やはり 風(ふう) も自分の命の限界をそろそろと感じとっていたのだと思います。
 今になって、あの時にもっと心行くまでしてやれば良かったと後悔してもしきれない情けない自分が居ます。

 これまで、たくさんの方々に 風(ふう) を可愛がって頂いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 今頃は、お空の上で 月(つき)空(そら)キースケ に迎え入れられて たくさんのお友達 と仲良く遊んでくれていることと思います。

ありがとう風ちゃん

 一生懸命14年生きてくれ、我が家 にたくさんの癒しと、たくさんの笑顔を与えてくれた 風(ふう) のためにも、残された 雪(ゆき)海(かい) のためにも1日も早く 家族みんな 立ち直りたいと思います。

 ここまで、乱筆乱文のまとまりのない長文で読み辛かったと思いますがお許し下さい。
 
 またどこかで、レインボーのインコちゃんを見かけたら あんなインコちゃん が居たよなと思い出してやって下さい。
 きっと 風(ふう) も喜ぶと思います。

ありがとう風ちゃん

 
みなさま、本当に長い間ありがとうございました。そして、さようなら。 風

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
2022/01/08 18:00|風(ふう)の話題TB:0CM:22
 
コメント
ヒデシャンさん、
いつも拝見しております。

大好きな風ちゃん、
さいごまでかっこよかったですね。
そして誰よりも賢くて可愛いくて。

天国組には大好きなお兄ちゃんたちもいるし、
たくさんお友だちもいるし、
うちのゴマピーもいるし。
風ちゃん、またたくさん食べ、てカジカジして、
たくさん飛んでね。

風ちゃんのこと、ぜったいに忘れません。
また会おうね。

ヒデシャンさんご一家を
天国組のみんなと一緒に見守っていてね。
ありがとう、風ちゃん。
ゴマピーママ #-|2022/01/08(土) 20:21 [ 編集 ]
初めてメッセージ致します。

ジン君が赤ちゃんの頃からブログを拝見するのが楽しみで、毎日拍手を送っています。
中でも風ちゃんの斜め上を行く面白さ、チャーミングさに魅了され、新しくお迎えしたセキセイに、風ちゃんと名付けさせて頂いた程です。

風ちゃんが旅立ってしまった事、心からお悔やみ申し上げます。
ご家族の皆さまのお気持ちを考えると、胸が締め付けられます。
でも、風ちゃんは皆さんからの愛情をたっぷり注がれてこんなに楽しく長く生きて、とてもとても幸せだったと思います。
どうぞ、ご自分を責めないで下さいね。

お空の上で、月ちゃん、空ちゃんと久しぶりに再会して、封印していた(?)ヤンチャクレっぷりを発揮しているかもしれませんね。

風ちゃん、大好きだよ。
いつまでも忘れないからね。
ご家族の皆さんと、雪ちゃん、海くんを見守ってね。
風ちゃん、ありがとう。
Ann #-|2022/01/08(土) 21:05 [ 編集 ]
風くん。

好奇心旺盛で、優しくて、ひょうきんでお茶目な風くんが大好きです。
1日の終わりに、風くんの写真を見ながら、クスッとしたり、ホロリとしたり。
明日への活力をもらってました。
天国にも仲間がいっぱい居てくれるね。
風くんはどこでも人気者♥️
力いっぱい飛び回ってね❗

ありがとう、大好きな風くん。
ハイジ #-|2022/01/08(土) 21:30 [ 編集 ]
気まぐれインコ-ズ、いつも楽しく拝見しています。
風ちゃんよく頑張りました!!
我が家のプリン♀10才、風ちゃんと同じイエロ-フェイスレインボーです。
空ちゃん、月ちゃん、風ちゃん目指して頑張ります!!
気まぐれインコ-ズの日々の記録が、鳥飼としての参考資料になっています。
本当にありがとうございます。
まだまだ悲しみは癒えないと思いますが、雪・海ちゃんと紡いでいく限り

気まぐれインコ-ズは不滅です!!

心中お察し致します(涙)
みどプリ #-|2022/01/08(土) 21:45 [ 編集 ]
ヒデシャンさん、風ちゃんのことお辛いのにお知らせありがとうございました。

風ちゃんはたくさんかわいがられて大切にお世話をしてもらって
最後まで本当に幸せでしたね。
後悔が何もないお別れはないのではないかと思います。
14才までこんなに元気でいてくれて家族孝行の子ですね。
大往生ですね。
ご家族みんなにカキカキさせてくれてかしこい子ですね。

遊びに来させていただき始めたときから風ちゃんはいました。
それからずっと、楽しくてかわいくて笑顔にさせていただきました。
うちの小鳥たちを見送ってからもずっと変わらず
お顔を見に伺っていました。

風ちゃん、たくさんたくさんありがとうね。
少し休んだらまたヒデシャンさんご一家に縁のある命に生まれてきてね。


こうたった #1Nt04ABk|2022/01/08(土) 23:53 [ 編集 ]
風ちゃん とうとう虹の橋に旅立ってしまったのですね…
本当に本当に寂しいし悲しいです。
ヒデシャンさん、お気持ちはよくわかりますがご自分を責めないでください。
誰のせいでもないですからね。
きっと今頃は月ちゃん空ちゃんに迎えられ飛び回っていると思います。
雪ちゃんも海くんも風ちゃんが大好きだったのが写真をみているとよくわかります。
こんなに好かれてたんだよって月ちゃん空ちゃんに報告してるんじゃないかな。
ヒデシャンさん ご一家が少しずつ元気を取り戻せますように…
カーテンレール上のガジガジの跡は永久保存ですね。
風ちゃん今まで癒しと楽しさをありがとう、皆のことを お空から見守っててね。
ちこ #-|2022/01/09(日) 09:42 [ 編集 ]
最後の最後まで全力で風ちゃんを愛してお世話して
風ちゃんも「ありがとう」って旅立ったことでしょう。
そして寿命を全うした風ちゃんに私達もありがとうの言葉しかありません。
今朝、ヨガに行って鳥のポーズをした時に風ちゃんが前を飛んで
道案内をしてくれました。瞑想中もまだ飛んでてくれました。こんなこと初めてです。
ファンサービスに忙しい風ちゃん、そろそろゆっくり休んでください。
これからも気まぐれインコーズのファンです!


キウイ #-|2022/01/09(日) 12:33 [ 編集 ]
風に温かいお言葉をありがとうございます。
今頃、お空の上でゴマピーちゃんとも仲良く遊んでくれていますよネ。
もちろん足の麻痺もなくなり、飛び回ってくれていることと思います。
14年間最後まで一生懸命に生きてくれました。
我が家の誇りのインコちゃんですよ。
これからはお空の上から雪、海を見守ってくれることと思います。
お空の上から羨ましがられるようなインコライフを残された雪、海と送れればと思っています。^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 14:30 [ 編集 ]
初めてメッセージを頂いてありがとうございます。
風や私たちに温かいお言葉を頂いて涙が出るくらい嬉しかったです。
ジンくんが赤ちゃんの頃から見て頂いているんですネ。
こんな拙いブログを・・・ それだけでも恐縮です。
ついこの前までは14歳のおじいちゃんとは思えないぐらい飛び回っていたんですがネ。
12月の寒さが堪えてきたのか急に元気が無くなってきました。
覚悟はしていたのですが、やはりだめですネ。
でも、残された雪、海のためにも新たな楽しいインコライフを作っていきますネ。
お空の上でヤンチャクレ爆発していることでしょう。
これからもお時間のある時に、またお越し下さいませ。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 14:37 [ 編集 ]
風に温かいお言葉を頂いて本当にありがとうございます。
風もお空の上でお友達と飛び回つて遊んでいることと思います。
これからは姿は見えないですが、私たちの心の中にずっと居てくれます。
雪、海のことも見守ってくれることでしょう。
これまで風を気にかけて可愛がって頂いて本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 14:42 [ 編集 ]
風に温かいお言葉を頂きありがとうございます。
プリンちゃん10歳なんですネ。まだまだ大丈夫ですよ。
是非、風の14歳を超えて15歳を目指して元気に過ごして下さいネ。
このブログを通じてこんな出会いがあるのも風のおかげですネ。
正直、初代インコーズが居なくなったのでこのブログも続けるべきなのかと
考えていましたが、雪、海のためにも続けることにしました。
また、お時間のある時に立ち寄ってやって下さいネ。
これからもよろしくお願い致します。
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 14:47 [ 編集 ]
風に温かいお言葉を頂きありがとうございます。
おっしゃる通り14年も生きてくれれば大往生ですよネ。
そんな親孝行なインコちゃんをいつまでも悲しがっていても仕方がないですよネ。
風もお空の上から怒っているかもしれませんネ。
これからはお空の上からみんなを見守ってくれることでしょう。
これからは雪、海と新しいインコライフを作り上げていこうと思います。
また、お時間のある時にいつでも遊びに来てくださいネ。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 14:55 [ 編集 ]
風に温かいお言葉を頂きありがとうございます。
はい、カーテンレール上のガジガジの跡は永久保存ですよ。
これまで、ちこさんには空、月も含めて我が家のインコちゃんを
温かく見守って下さって感謝の気持ちでいっぱいです。
いつまでも悲しんでばかりいても仕方がないですものネ。
14年も生きてくれたことに感謝してあげないと。
お空の上から、「頑張ってよ!」と応援してくれていると思います。
これからは雪、海と一緒にまた新たなインコーズを作っていきたいと思います。
どうか応援してやって下さいネ。
これからも引き続きよろしくお願い致します。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 15:13 [ 編集 ]
風に温かいお言葉をありがとうございます。
そうですよネ。14年も生きてくれたんだからメソメソしていても仕方がないですよネ。
むしろ、風にありがとうと言って明るく送り出してやらないと。
キウイさんの所にも行きましたか。
最後のご挨拶にお伺いしたのではないでしょうか。
これからはお空の上からみんなを見守ってくれていることでしょう。
もう、体も自分が思うように動いてヤンチャクレを発揮していますよ。
これからもインコーズ続けます。
ありがたいお言葉がある限り。これからもよろしくお願いします。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/09(日) 15:17 [ 編集 ]
タイトルだけを最初にみて、どうか、そうではありませんようにと祈ってました。
風ちゃんの訃報を知り、心よりお悔やみ申し上げます。
小さいころから育てた身には、言葉で言い表せない辛さがあるとお察ししますが、風ちゃんはご家族の皆さん、空ちゃん、月ちゃん、そして雪ちゃん・海くんと14年の鳥生を一緒に過ごせて幸せだったと思います。

実は私が一番初めにお世話をした子もレインボーの♂セキセイでした。今でも、元気なころの写真を部屋に飾って、時々話しかけてます。そしてこの子が「落鳥」の意味を身をもって教えてくれた最初の子でもありました。

レインボー仲間で、うちの子とも天国で巡り合っているかもしれません。
レインボーのインコちゃんを見かけたら14年間もご家族と一緒に過ごした風ちゃんのこと、私も忘れません。




はる #8s0Z6LL6|2022/01/09(日) 21:48 [ 編集 ]
風や私たちに温かいお言葉をありがとうございます。
ついに来る時が来てしまいました。
飛び立った日は後悔の気持ちでいっぱいだったんですが
今は14年も生きてくれた風の旅立ちを感謝の気持ちで送り出してやろうと思えるようになりました。
今頃は空、月とたくさんのお友達に囲まれて楽しく飛び回って遊んでくれていると思います。
もちろん、はるさんのインコちゃんも一緒じゃないですかネ。
今回、我が家も先代のインコちゃんの写真を絵画風に加工し飾ることにしました。
いつでも一緒に居られることと、見守ってくれているような気がするので・・・
ここまで温かく見守ってくださってありがとうございました。
また、今後もお時間のある時に立ち寄ってやって下さい。
本当にありがとうございました。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/10(月) 10:50 [ 編集 ]
こんばんは、ふうちゃんの事遅くなってすみません。そうですか健気に頑張っていたのに本当に残念で悲しいです。鳥の行動は予測できない所もあり仕方ないと思います。数あるブログの中でふうちゃんの事を知って一番気になる存在でありいつも癒していただきました。ふうちゃんと飼い主さんには感謝の言葉しかありません。ふうちゃん長い間お疲れ様でした天国ではお嫁さんが待ってますよ、本当にありがとう。
ふうちゃんファン #-|2022/01/11(火) 21:11 [ 編集 ]
風に温かいお言葉をありがとうございます。
これまで風に目をかけて頂き可愛がってもらって本当に感謝しております。
彼も最後まで一生懸命に生きてくれました。
今頃はお空の上で体も自由に動き回ってヤンチャクレ復活していることと思います。
お嫁さんが待っていますか? 空のことでしょうか。
また、喧嘩していることと思いますよ。
これまで、本当にありがとうございました。
風は居ないですが、また、お時間のある時にお立ち寄りくださいネ。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/12(水) 06:41 [ 編集 ]
そうですか、、、旅立ったんですね、、、
切ないけれど、きっとベストなタイミングで、
残されたひでさん家族がこれからも、
幸せな笑顔で暮らしていけるよう、
環境が整うのを見守って、安心していったのでしょうね、、、

私も大好きな風ちゃんに、精一杯インコ人生を送った風ちゃんに
心から感謝を送ります<(_ _)>
こぶた #-|2022/01/15(土) 10:50 [ 編集 ]
風に温かいお言葉を頂きありがとうございます。
14年のインコ人生を精一杯生きてくれました。
彼が飛び立ってから1週間が経ちますが、まだ、家に居るような気がします。
恐らくお空の上からみんなを見守ってくれているのだと思います。
出会いと同時に別れが来るのはわかっているのですが、やはり、現実になると辛いですネ。
今は私たちも立ち直り、雪、海と新たなインコライフを送っています。
これからもお時間のある時にまたお立ち寄りくださいネ。
これまで本当にありがとうございました。 ^^
ヒデシャン #-|2022/01/15(土) 11:27 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2022/02/08(火) 19:50 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。お元気ですか?
初代のインコーズですネ。今となれば懐かしです。
あれからジンくんももう小学6年生ですよ。
早いですネ。また、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。 ^^
ヒデシャン #-|2022/02/08(火) 21:55 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://inkouz.blog7.fc2.com/tb.php/4906-d7fccd12

プロフィール 

ヒデシャン

Author:ヒデシャン
年甲斐もなく、セキセイインコに完全にはまっている“中年オジサン”です。
嫁さんの“ミカシャン”と作成しています。
拙いブログですが“ほのぼの”として頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

“インコーズ”の ご紹介 

キースケ キースケ ♂
種類:イエローハルクィン
お迎え:2,007年5月21日(月)
出生地:不明
お別れ:2,007年7月2日(月)虹の橋へ
性格:穏やかな性格で、甘えん坊さん
好きなモノ:ミカシャンの指や肩、カキカキ
嫌いなモノ:注射、お薬

空 空(そら) ♀
種類:ブルーパイド
お迎え:2,007年5月21日(月)
出生地:不明
お別れ:2,016年8月17日(水)虹の橋へ
性格:気の強いお転婆娘、食いしん坊さん
好きなモノ:ガジガジ、冷蔵庫の扉、オヤツ
嫌いなモノ:空腹、体重計、カラスさんの声
特技:小松菜浴び、パンクヘアに変身

月 月(つき) ♂
種類:グリーンパイド
お迎え:2,007年7月9日(月)
出生地:浜松
お別れ:2,021年1月6日(水)虹の橋へ
性格:人なっこく、鳥のくせに気を遣う
好きなモノ:ミカシャン、バナナ
嫌いなモノ:放鳥終了コール、お留守番
特技:初モノ食い切り込み隊長  

風 風(ふう) ♂
種類:パステルカラーレインボー
お迎え:2,007年10月7日(日)
出生地:浜松
お別れ:2,022年1月4日(火)虹の橋へ
性格:マイペース、ヤンチャクレ、寂しがり屋
好きなモノ:空(そら)、エノコロ草、自由
嫌いなモノ:孤独、1羽、初モノ
特技:前回り風キック

プロフィール写真 雪 雪(ゆき) ♂
種類:ブルーパイド
お迎え:2,021年2月11日(木)
出生地:福山
性格:人懐っこい、食いしん坊、少し意地悪
好きなモノ:オーチャードグラス、風(ふう)、バナナの筋
嫌いなモノ:独りぼっち
特技:ボルタリング、片言おしゃべり

海プロフィール写真 海(かい) ♂
種類:ブルースパングル
誕生日:2,021年9月23日(木)
お迎え:2,021年10月30日(土)
出生地:三原
性格:好奇心旺盛、物怖じしない、気が強い
好きなモノ:ミカンの筋、小松菜、ラタンボール
嫌いなモノ:掃除機の音
特技:ガジガジ、水浴び

最新のコメント 

気まぐれ“インコーズ” QRコード 

QR

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.